解体から登録抹消まで

自動車

業者に依頼することも可能

自動車は、一台ずつ陸運局で登録されています。そのため自動車を廃車にする際には、指定の書類を提出して、この登録を抹消しなければなりません。そうしなければ、たとえ故障で全く動かなくなっても、解体しても、日頃から使われている自動車として扱われるからです。すると、実際には自動車として機能していないにもかかわらず、車検の案内や納税通知書が自宅に送付されますし、自賠責保険の加入も続けることになります。そのため自動車が利用できない状態になったり、利用する予定がなくなったりした場合には、必ず廃車手続きを行いましょう。廃車手続きは、まずは解体業者に自動車を渡すことから始めます。すると自動車が解体され、解体証明書が発行されるのですが、これが廃車手続きで必要となる書類のひとつです。また解体時に車から外された2枚のナンバープレートも、手続きの際に提出が必要となります。この他にも、自動車購入時に発行されたリサイクル券や、車検証や印鑑証明書なども必要書類として用意しなければなりません。そしてこれらを持って陸運局に行き、永久抹消登録申請書や手数料納付書と一緒に提出すると、自動車の登録が抹消されるのです。ただし廃車手続きは、解体業者または廃車買取業者に任せることも可能です。この場合は、基本的には必要書類は車検証とリサイクル券、印鑑証明書となります。これらがあれば、業者が解体証明書やナンバープレートを用意し、陸運局で所定の用紙を提出して、廃車手続きを行ってくれるのです。

Copyright© 2017 中古車両なら金融車買取店で買おう|購入の流れを紹介 All Rights Reserved.