結婚指輪と婚約指輪は愛の証~Love&Anniversary~

 

思い出す為に

婚約指輪は幸せの象徴である

婚約指輪とは、婚約の印に薬指に着ける指輪です。結婚してしまうと結婚指輪を着けるので、実際に身に着ける期間は短い場合がほとんどですが、例えタンスの奥にしまい込んでほとんど日の目を見ることはなくとも、「婚約指輪を所有している」という事実は変わりません。その事実は様々な場面で人の心の支えになるでしょう。例えば結婚して年月が過ぎても、婚約指輪を取り出し眺めれば昔の新鮮な気持ちを思い出すことができるでしょう。旦那様があなたのために選んで買ってくれた指輪。もしくは奥様のために心を込めて選び買い求めた指輪。それは形ある物質というだけの存在ではなく、生涯の伴侶としようと心に決めた相手への自分の気持ちの象徴です。そしてその指輪を身に着けるのはすなわち伴侶との絆を対外的にも宣言する行為です。美しく薬指で光る婚約指輪を見た周囲の人は、伴侶との幸せな絆を想いその幸福な姿に感じ入ることでしょう。

現実的なメリットもある

婚約指輪には現実的なメリットもあります。まず第一に、高級アクセサリーとしての価値があります。結婚式やパーティ、コンサートや発表会など格式高い集まりに参加する際は何かしらのアクセサリーを身に着けていたいもの。そういった時に婚約指輪はもってこいです。婚約指輪は一般的に普段使いするにはいささか華美であったり、高価過ぎる故に紛失や破損を恐れてなかなか日常生活では身に着けにくいものです。しかし上述したような特別な機会には、少々派手な位のアクセサリーでも場違いにはなりません。むしろ装いに華を添えてくれます。たまには普段眠らせている婚約指輪を身に着けてみてはいかがでしょうか。第二のメリットとして、売却すれば現金に換えられるという点があります。「幸せの象徴」「絆の証」であ婚約指輪を売ってしまうなんて…と否定的な人もいらっしゃるかもしれません。しかし身に着けることもなくただひたすらしまい込み、小さな物とはいえいたずらに収納スペースを取っている状態が果たして良いことでしようか。もし結婚生活の中で経済的に困った時は、思い出だけ大切に心にしまって売却し、家計の助けにするのも幸せの為の一つの方法です。

Copyright(c) 2015 結婚指輪と婚約指輪は愛の証~Love&Anniversary~